【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永禄2年(1559年)
【死没】 天正10年6月24日(1582年7月13日)
【別名】 通称:與次郎
【主君】 徳川家康
【氏族】 桜井松平家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

桜井松平家5代当主。

三河国碧海郡桜井城主(愛知県安城市桜井町)。

松平家次の次男として誕生。

[sengoku-2]

天正5年(1577年)に家督を継いでいた兄・忠正が亡くなり、忠正の嫡子・家広はまだ生まれたばかりであったため、兄の正室であった多劫姫(徳川家康の異父妹)を妻に迎えて家督を継ぐ。

天正9年(1581年)の高天神城攻めや諏訪原の出城を守るなどして軍功を挙げるが、24歳で夭折。

その跡は、甥の家広が継いだ。

[sengoku-3]

なお、長男の信吉は、松平信一の婿養子となって藤井松平家の家督を相続し、上野国高崎藩主、次いで丹波国篠山藩主に封じられた。

また、次男の忠頼は、家広の死後に武蔵国松山藩主を継いだ。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

松平忠吉(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【松平忠吉(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)