【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天文8年(1539年)
【死没】 寛永元年8月29日(1624年7月16日)
【別名】 通称:勘四郎
【官位】 従四位下伊豆守
【主君】 徳川家康
【氏族】 藤井松平家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。

藤井松平家始祖・松平利長の長男。

官位は従四位下・伊豆守。

藤井松平家2代当主。

松平清康の従兄弟。

[sengoku-2]

早くから徳川家康に仕え、永禄元年(1558年)の尾張国の北東部に在った品野城への夜襲戦に加わる。

ここで織田方の将士らを50余名を討ち取り、三河・尾張両国にその名を轟かせた。

永禄6年(1563年)、三河一向一揆鎮圧戦でも活躍。

このときの働きを、家康から賞されている。

永禄11年(1568年)、織田信長が足利義昭を奉じて上洛する際に援軍の将として派遣され、9月12日の観音寺城の戦いに代表される対六角氏戦で、箕作城攻めにて本丸一番乗りを果たす戦功を挙げ、信長からも賞された。

天正3年(1575年)、遠江国諏訪原の戦い(長篠の戦い)に参戦。

天正18年(1590年)、家康の関東国替えにより、下総国布川に5000石を与えられる。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いでは江戸崎にて佐竹義宣の動向に備えた。

その戦功により戦後、常陸国土浦藩の初代藩主となり、3万5000石の所領を与えられた。

嫡男久清が既に没していたため、慶長9年(1604年)、桜井松平家から信吉を養子に迎えて家督を譲った。

寛永元年(1624年)、信吉の封地の丹波国篠山城で死去した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

松平信一(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【松平信一(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)