【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天文17年4月15日(1548年5月22日)
【別名】 蔵人佐、通称:与十郎
【氏族】 三木松平家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

三河国松平氏6代当主・松平信忠の子。

蔵人佐。

通称は与十郎。

械(合歓木)松平家初代当主。

三木松平家初代として扱う文献も多い。

[sengoku-2]

兄・清康が家臣に殺害された(森山崩れ)後にその子松平広忠が家督を継ぐも、大叔父(信孝にとっては叔父)の松平信定によって岡崎城から追放された。

信孝は広忠を援助して帰城させ後見役となったが、次第に弟・康孝の旧領・三木を押領するなど権勢を振るうようになり、広忠や家臣達と対立して失脚。

天文12年(1543年)、広忠の代理で駿府の今川義元に年賀の祝い述べに行っている間に、広忠の軍勢に居城・三木城を攻め取られた。

この事に不満を持ち今川義元に直訴したが退けられている。

なお、小川雄は、松平氏と水野氏が同盟が結ばれた時期が信孝が後見をしていた時期であることを指摘し、広忠と於大の方(水野忠政の娘)の婚姻も信孝が主導したもので、彼が追放された結果として信孝と結んでいた水野氏との同盟も終了して、広忠は於大の方と離縁したとする説を唱えている。

また、小林輝久彦は、信孝が追放された一因として、今川氏の三河進出への対応策として今川方である牧野氏に長沢を譲って手を結ぶことを画策していて、水野信元もそれに加担していたこと、今川義元への挨拶の目的もその承認要請の意図があったとしている。

[sengoku-3]

更に、茶園紘己は史料から天文12年(1543年)まで信孝が松平氏の「名代」であったことが確認できるとした上で、信孝と阿部定吉をはじめとする松平氏重臣層との間に対立があり、定吉らが広忠の同意を得て排除したとしている。

信孝は尾張国の織田氏に寝返って山崎城に拠り、同じく織田方に寝返っていた上和田城の松平忠倫や上野城の酒井忠尚らと共に広忠と対峙した。

更に今川義元も味方に抱き込んだとする説もある。

小豆坂の戦いの後、天文17年4月15日に岡崎城を攻撃しようと明大寺村に出陣したが、菅生河原(耳取縄手)で広忠軍が射た矢に当たって討ち死した(安城合戦・耳取縄手の戦い)。

『寛政重修諸家譜』によれば、信孝を討ったのは上田元俊である。

のちに家康の命によって次女が元俊に嫁ぎ、この際化粧料を与えられた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

松平信孝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【松平信孝(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)