【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天文11年3月18日(1542年4月3日)
【別名】 十郎三郎
【氏族】 鵜殿松平家あるいは三木松平家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

松平宗家6代当主・松平信忠の子。

松平清康の弟。

通称は十郎三郎。

鵜殿松平家、あるいは三木松平家初代として考察される人物。

[sengoku-2]

『三河物語』に、松平信忠が「三男十郎三郎殿に見次の郷を譲せ給う」とあり、また『三河国二葉松』の「三木村古城」および「浅井村古城」に「清康御弟君松平十郎三郎康孝」とあることから、宗家から分出して所領を持っていたと考えられる。

また『松平記』は松平広忠の岡崎還住に際し、大久保新八が清康の弟「十郎三郎」に相談したと記し『三家考』は康孝が兄・信孝と共に帰還後の広忠を後見したとしている。

『三家考』は天文5年(1536年)2月、織田信秀が8,000余りの兵を率いて三河国に侵入したと記す。

『松平記』にこの戦いの記述があり「松平十郎三郎」の名が松平方の大将として現われる。

『三家考』は「清康の舎弟 松平蔵人 同弟十郎三郎康孝」と明記して、この兄弟が800人の兵を率い「伊田の郷」に布陣して戦ったとしている。

[sengoku-3]

『朝野旧聞裒藁』は『三河国古墳考』ほかを引いて天文11年3月18日卒としているが『御九族記』には天文15年(1546年)5月とする異説が記されている。

法名は礼翁善忠もしくは礼翁禅忠(『御九族記』)。『三河国二葉松』は院号を「宝琳院」とし「浅井村源空院 在松平十郎三郎康孝墳」と記している。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

松平康孝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【松平康孝(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)