【時代】 戦国時代
【生誕】 永正15年(1518年)
【死没】 天正18年3月29日(1590年5月3日)
【別名】 豊前守、豊前入道
【主君】 北条綱成・氏繁・氏舜・氏勝
【氏族】 間宮氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

後北条氏の家臣。

豊前守、豊前入道を称す。

法名は宗閑。

父は間宮信元。

子に間宮康次、間宮康信、間宮善十郎、間宮信高、間宮元重の男子と、徳川家康の侍女、足利義氏の家臣・豊前氏盛の室となった二人の娘がいる。

[sengoku-2]

歴代相模玉縄城主の北条綱成・氏繁・氏舜・氏勝に仕え、武蔵笹下城(神奈川県横浜市港南区笹下)を居城としたと伝えられる。

『小田原衆所領役帳』には玉縄衆として記録されている。

1532年から北条氏綱がはじめた鶴岡八幡宮の造営工事に天文5年(1536年)から奉行として参加している。

以後、里見氏との関係が悪化してくると伊豆衆の水軍を管理し、江戸湾岸の監視警備も担当した。

永禄2年(1559年)の役帳では698貫を知行されている。

[sengoku-3]

天正18年(1590年)の秀吉による小田原征伐では、松田康長が守る山中城へ援軍として赴き、康俊の部隊は一柳直末を討ち取るなど奮戦したものの衆寡敵せず、最期は「白髪首を敵に供するのは恥」と墨汁で髪を染め、敵中に突撃して戦死した。

享年73。

家督は次男康信の子である直元が継いだ。

以降江戸幕府旗本・本牧代官として続いていく。

弟綱信の家系は久良岐郡氷収沢郷500石の旗本として存続する。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

間宮康俊(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【間宮康俊(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)