【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 元亀元年(1570年)
【別名】 通称:三郎左衛門
【官位】 対馬守
【主君】 六角定頼→義賢
【氏族】 有道氏流三雲氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

六角氏の家臣。

三雲氏は甲賀五十三家の一つで、定持は父・行定と同様、六角定頼に仕え重臣として盛り立てた。

また、単独で明と貿易を行い室町幕府に寄付をするなど、高い経済力を有していた。

[sengoku-2]

永禄6年(1563年)10月の観音寺騒動では蒲生定秀らと共に奔走し、騒動を収束させた。

永禄9年(1567年)、佐和山付近における浅井長政軍との合戦で嫡男・賢持が討死したため、家督は次男・成持に継がせる。

同10年(1567年)に制定された六角氏式目には嫡男となった成持と連署している。

永禄11年(1568年)、六角義賢・義治父子は上洛を開始した織田信長との観音寺城の戦いで観音寺城から戦略的撤退。

定持は義賢親子を三雲城に迎え入れ、織田軍との正面戦を避けてゲリラ戦に徹することとなった。

[sengoku-3]

元亀元年(1570年)、信長包囲網が形成されると六角親子は兵力を整えて、柴田勝家・佐久間信盛らが率いる織田軍と正面から野洲河原の戦いに挑む。

三雲定持も三雲成持とともに六角側の武将として参戦するも討死した。

戦後、三雲一族は他の土豪とともに六角氏から離れ信長に帰順している。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

三雲定持(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【三雲定持(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)