【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天文15年(1546年)
【死没】 慶長11年3月21日(1606年4月28日)
【別名】 左衛門次郎、監物
【主君】 武田信玄→武田勝頼→北条氏直→徳川家康
【氏族】 御宿氏(葛山氏)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。

医師でもあり、信玄の侍医を務めたといわれる。

通称は左衛門次郎。

監物。

妹に小山田信茂室、武田信堯室。

正室は長坂光堅の娘。

子に御宿政友、政綱。

[sengoku-2]

天文15年(1546年)に生まれる。

幼名は若丸。

駿河の有力国人・葛山氏の一族で、今川義元に仕えた重臣・葛山氏元の甥で、葛山綱春(葛山播磨守)の子で 葛山貞氏の孫といわれる。

生母は甲斐武田氏譜代の家臣・跡部泰忠の妹とされる。

武田信玄に若くして仕え、葛山氏の一族だったことから信玄の6男で葛山氏元の養子になった葛山信貞の陣代(後見人)を務めたといわれる。

晩年の信玄が病に倒れたときには、僥倖軒宗慶(板坂法印)と共に医師として信玄の治療に当たったともいわれる(『甲陽軍鑑』)。

天正8年(1580年)12月、子の御宿政友に家督を譲って隠居する。

なお、政友は友綱の実子ではなく、葛山信貞の子だという伝説がある。

[sengoku-3]

天正10年(1582年)、織田信長の甲州征伐で武田氏が滅亡した後は後北条氏に仕えたが、天正18年(1590年)の小田原征伐で後北条氏も没落すると、徳川氏に仕えた。

慶長11年(1606年)3月21日に死去。

享年61。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

御宿友綱(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【御宿友綱(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)