【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文6年(1537年)天文6年(1537年)
【死没】 天正6年12月8日(1579年1月14日)
【別名】 藤二郎(藤次郎、藤治郎)
【主君】 織田信長
【氏族】 水野氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

藤二郎(藤次郎、藤治郎とも)。

水野忠政の8男といわれ、兄弟に水野信元、於大の方がいる。

室は佐治信方の妹。

子に分長、重央、義忠、松平勝政、次女(松平家忠室)がいる。

[sengoku-2]

天文年間(1532年-1555年)、布土城(愛知県知多郡美浜町大字布土字明山)主であったと伝えられるが、その経緯は明らかではない。

織田信長配下として天文23年(1554年)の村木砦の戦い(信元を除く兄弟のうち緒川居住の可能性と年齢、信長直属であることから『信長公記』の「水野金吾」を忠分とする)や永禄元年(1558年)の石ヶ瀬川の戦いといった今川氏との戦闘に参加。

しかしその後の動向は信長に従ったという以外不明である。

ただ、佐久間信盛の居所であった山崎城(名古屋市南区呼続元町)下に屋敷を構えていたこと、兄・信元殺害後は緒川城下にも屋敷を持っていたことが『家忠日記』の記述より推測されるという。

[sengoku-3]

天正6年(1579年)に、荒木村重の立てこもる摂津国有岡城攻め(有岡城の戦い)において戦死。

享年42。

墓所は愛知県東浦町の乾坤院。

法名は盛龍院殿心得全了大居士。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

水野忠分(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【水野忠分(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)