【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 天正元年(1573年)
【別名】 三反崎為之、通称:勘右衛門
【主君】 朝倉氏
【氏族】 三段崎氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

朝倉氏の家臣。

三段崎氏は朝倉高景を祖とする朝倉氏の庶流。

為之は強弓の使い手として知られる猛将であった。

[sengoku-2]

天正元年(1573年)の織田信長の越前国侵攻の際、為之は殿を務め一乗谷城の戦いで織田家臣山内一豊に挑まれ、重傷を負わすも逆に殺された。

首は織田家臣の大塩正貞が取り、一豊に渡したという。

また弟も剛勇で知られたが、一旦は助太刀した兄を見捨てて退き、その戦いで戦死したという。

[sengoku-3]

同合戦で織田方に討ち取られた武将の中にある三段崎六郎は勘右衛門かあるいはその弟と推定される。

なお、三段崎氏の子孫は後に医師・谷野一栢に弟子入りし、朝倉氏の滅亡後は、福井県で代々医業を生業としたという。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

三段崎為之(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【三段崎為之(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)