【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永禄2年(1559年)
【死没】 天正12年4月9日(1584年5月18日)
【別名】 吉盛、正武、昌武、弥一郎、弥市郎、十右衛門
【主君】 山県昌景→武田勝頼→井伊直政
【氏族】 三井氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。甲斐武田氏、井伊氏の家臣。

三井氏は弥一郎の曽祖父の時代から甲斐武田氏に仕えた一族。

弥一郎の父の時代には武田信玄の重臣山県昌景の同心として赤備えの一員を務めていたといわれる。

永禄2年(1559年)、誕生。

元亀2年(1571年)に父が戦死したことにより、家督を継いで昌景に仕えた。

[sengoku-2]

天正3年(1575年)5月の長篠の戦いで昌景は戦死しているが、三井弥一郎(当時17歳)はこの合戦に参加していないとされている。

山県昌景の死後は武田氏の家臣となった。

天正10年(1582年)3月の織田信長による甲州征伐で武田家が滅亡すると、甲斐国に暫く雌伏した。

6月に本能寺の変が起こって織田信長が死去すると、初鹿野昌次ら武田家の遺臣を呼び集め、織田信長から甲斐を任されていた甲府の河尻秀隆を殺害した。

[sengoku-3]

7月に徳川家康が甲斐に侵攻して来ると、徳川家康に降って家臣となり、井伊直政の同心として付された。

天正12年(1584年)、羽柴秀吉と徳川家康による小牧・長久手の戦いが起こると、弥一郎は徳川家康に従って従軍する。

4月9日、長久手において池田恒興や森長可ら羽柴の別動隊と戦い戦死した。

享年26。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

三井弥一郎(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【三井弥一郎(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)