【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文14年(1545年)
【死没】 天正11年(1583年)
【氏族】 三木氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

父は姉小路良頼。

兄に頼綱、姉妹に斎藤信利室。

受領名は豊後守。

姉小路良頼の次男として誕生。

[sengoku-2]

三木姉小路氏が鍋山氏を臣下にした後に飛騨国の有力豪族鍋山氏の養子となり鍋山城を領した。

その後、義父の鍋山安室を毒殺し、さらに義母小峯の方と安室の実子鍋山左近大夫を追放した。

これにより有力な国人衆であった鍋山氏を三木姉小路氏が名実共に乗っ取った形になる。

以降兄の姉小路頼綱の勢力拡大に奔走した。

顕綱は、姉小路氏の後継者である姉小路信綱を補佐・後見人の立場となった。

[sengoku-3]

天正11年(1583年)、八日町の戦いの三ヶ月後、三木姉小路氏当主で兄の頼綱に謀反の嫌疑(羽柴秀吉への内通)をかけられて、放たれた刺客荒川甚平と土川新左エ門により顕綱は妻と共に暗殺された。

同時期に頼綱嫡男の信綱も誅殺された。

姉小路頼綱は自身の息子である姉小路李綱(鍋山元綱)を鍋山氏の後継者とした。

鍋山城には頼綱の次男の姉小路秀綱が入った。

頼綱隠居後、秀綱が後継者となり、松倉城へ移動し、鍋山城には季綱が城主となった。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

三木顕綱(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【三木顕綱(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)