【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 大永5年(1525年)
【別名】 通称:新四郎、三郎兵衛
【官位】 下総守、中務少輔
【主君】 毛利元就
【氏族】 坂氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

毛利氏の家臣。

坂氏は安芸国の戦国大名・毛利氏の庶流。

坂広秋の三男として誕生。

[sengoku-2]

成人の後に毛利氏家臣として働き、大永3年(1523年)に毛利元就が家督を継承した際には、その家督相続推進役の一人となった。

一門の坂広秀らが、この家督相続に不満を抱き、相合元綱を擁立して叛旗を翻すが、秀時はこれに同調せず、元就に従った。

その後、毛利氏が尼子氏の傘下に入ると、人質として赤川就秀らと共に月山富田城に送られた。

[sengoku-3]

大永5年(1525年)、毛利元就は尼子氏との手切れを決意。

秘密裏に月山富田城内の人質に逃亡するように連絡をし、秀時らは脱走。

しかし、逃げる途上で追撃を受け討死した。

逃げ延びた赤川就秀は月山富田城の詳細を元就に知らせ、後に毛利氏が月山富田城攻めの際に参考とされた。

家督は嫡男・元方が継いだ。

子孫は長州藩大組士(禄高200石)として続いた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

光永秀時(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【光永秀時(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)