【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 明応4年(1495年)
【死没】 天正14年7月27日(1586年9月10日))
【改名】 新五郎親種→右衛門大夫鑑種→和泉守種栄→昌林→紹山→紹忍(紹心)
【別名】 和泉入道(通称)
【官位】 和泉守
【主君】 大友義鑑→大友宗麟→高橋紹運
【氏族】 三原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

紹心は法名。

高橋紹運の家臣。

本郷城(三原城)主。

三原氏は筑後十五城の一角に数えられる筑後国の国人。

大蔵氏族高橋氏の別流で高祖山城の原田氏と同族である。

[sengoku-2]

筑後における大友氏直参家臣、通称「高一揆衆」「二四頭」の一人。

豊饒永源(美作入道)と共に筑後守護代官として、大友氏の軍事、行政を担当した有力被官で、所領の打渡しなど重要な職務に当たった。

天文年間のものと思われる大友義鑑の高良山宛の「高良山鏡山文書」によれば、三原和泉守が高良社造営奉行を申付けられたとある。

天文19年(1550年)、二階崩れの変で大友義鑑死後、大友義鎮に義鑑の死を弔うため薙髮の願いを出し、義鎮から昌林の名をもらった。

同時に三原氏の家督を子・民部少輔宗琢に譲った。

[sengoku-3]

天正14年(1586年)、薩摩国の島津氏の北伐(豊薩合戦)では、主君高橋紹運や子・前清右衛門尉宗休と共に岩屋城へ籠城(岩屋城の戦い)し、戦死した。

「行年九十有餘」と「柳河藩享保八年藩士系図・上」の三原伊兵衛系図にある。

この戦いで子の宗休も戦死を遂げた。

孫の三原種久は生存し紹運の子の立花直次に仕える。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

三原紹心(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【三原紹心(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)