【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 不明
【死没】 寛永元年(1624年)
【官位】 左近将監
【主君】 島津氏
【氏族】 宮原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての薩摩国島津氏の家臣。

官位は左近将監、入道名は秋扇。

兄は宮原景次。

子は宮原景衡。

後年の姓は仁礼氏。

[sengoku-2]

兄の景次は宮原景種の婿養子となっていたが、永禄11年(1568年)の菱刈氏との合戦で討ち死にしたため、弟の景晴が婿養子となった(景種と景次、何れの婿養子かは不詳)。

天正6年(1578年)の新納石城攻めで軍功を為した。

串木野(現・鹿児島県いちき串木野市)の地頭となって以降は、天正9年(1581年)の水俣城攻めや天正14年(1586年)の岩屋城の戦いに参加した。

その後は島津義弘の家老代を務め、紙屋(現・宮崎県小林市野尻町)や阿久根(現・鹿児島県阿久根市)の地頭も務める。

慶長4年(1599年)に心岳寺の普請奉行を仰せ付かり、出水(現・鹿児島県出水市)の高尾野城の普請役となった頃に出水の地頭にも任じられた。

[sengoku-3]

元和4年(1618年)に嫡子の景衡が琉球検地の帰りに船が沈み水死すると、元和6年(1620年)に景衡の婿養子として仁礼景頼(三原重貞の子。元の名を別府小吉とする仁礼頼景とは別人)を迎えたのを機に姓を仁礼氏に改める。

寛永元年(1624年)に、出水の高尾野で病死した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

宮原景晴(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【宮原景晴(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)