【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 天正10年(1582年)
【死没】 寛永3年11月13日(1626年12月31日)
【別名】 徳次郎、長助、舎人、右衛門兵衛
【主君】 島津氏
【氏族】 入来院氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。

島津氏の家臣。

薩摩入来院氏の一族。

徳次郎、長助、舎人、右衛門兵衛。

村尾重侯の次男。

母は二階堂氏の娘。

子は村尾重侯(父と同名{三右衛門})。

[sengoku-2]

須木地頭・村尾重侯の次男であったが、兄の重良が朝鮮の役出征中に死去したために嫡男となる。

慶長4年(1599年)の「庄内の乱」、慶長5年(1600年)に島津義弘が帰還する際、伊東氏家臣・稲津重政軍との戦いで武功があった。

特に稲津軍との戦いの際は、敵将の仮屋原弥助を上野忠則と共に討ち果たし、島津義弘から長刀一振りと「舎人」の名を賜っている。

[sengoku-3]

慶長15年(1610年)、琉球の検地役として鹿島重国、毛利之親と共に渡海、元和2年(1616年)に父の村尾重侯が病没すると、その跡を継いで須木地頭に就任した。

寛永3年(1626年)11月13日に没する。

父と同様に須木・米良氏の菩提寺でもあった「一麟寺」(現在は廃寺)に弔われた。法名は「覚翁定圓庵主」。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

村尾重昌(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【村尾重昌(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)