【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 弘治3年(1557年)
【死没】 元和元年10月14日(1615年12月4日)
【別名】 小十郎(通称)
【官位】 従五位下、備中守、贈正五位
【主君】 伊達輝宗→政宗
【氏族】 片倉氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての武将。

伊達家の家臣。

伊達政宗の近習となり、のち軍師的役割を務めたとされる。

仙台藩片倉氏の初代で、景綱の通称小十郎(こじゅうろう)は代々の当主が踏襲して名乗るようになった。

兜は、神符八日月前立筋兜。

[sengoku-2]

弘治3年(1557年)現在の成島八幡神社とされる八幡宮の神職・片倉景重の次男として生まれる。

生母は本沢刑部真直の娘。

異父姉は政宗の乳母の喜多。

伯父に意休斎景親。

鬼庭綱元(喜多の異母弟)は義理の兄に当たる。

景綱が幼いとき、両親が相次いでなくなってしまう。

姉の喜多とは20歳くらい年が離れていたため、母のような存在で、景綱は喜多に養育されていたが、まもなく、親戚の藤田家に養子として預けられた。

だが、その藤田家に男子が産まれたため、景綱は喜多のもとにもどることとなり、再びともに暮らした。

姉の喜多は文武両道に通じ、兵書を好み、講じたという。

弟の景綱も喜多の教化を強く受け育った。

永禄10年(1567年)、主君の輝宗に嫡子の政宗が産まれると、景綱の姉・喜多は政宗の「乳母」を拝命した。

天正年間初め頃、伊達家の城下米沢で大火あり、そのときの景綱の活躍が認められ、輝宗の徒小姓として仕えることとなる。

その後、遠藤基信の推挙によって天正3年(1575年)に政宗の近侍となり、のち重臣として重用されるようになる。

天正10年(1582年)、伊達輝宗が相馬氏を攻めた際に、政宗が蘆名盛隆から援軍を取り付ける交渉をして成功しているが、盛隆からは景綱が政宗の腹心として認識されており、盛隆から景綱に充てた書状「片倉代々記」所収某年(推定天正11年)9月11日付片倉景綱宛蘆名盛隆書状には今後の政宗への取次を期待されている。

[sengoku-3]

天正13年(1585年)の人取橋の戦いや天正16年(1588年)の郡山合戦、天正17年(1589年)の摺上原の戦い、天正18年(1590年)の小田原征伐、文禄2年(1593年)の文禄・慶長の役、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いなど政宗の主要な戦争の大半に参加して、伊達氏の危難を救っている。

小田原征伐に際しては豊臣秀吉方へ参陣するよう述べ、伊達政宗に小田原参陣を決意させた。

また、城代においては安達郡二本松城在番、信夫郡大森城主、奥州仕置き後は、佐沼城主、亘理城主などに任ぜられた。

景綱は伊達氏の対外交渉における取次を担当し、伊達政宗の発給した外交文書の多くには景綱の副状が添えられている。

関ヶ原の後の慶長7年(1602年)、主君・政宗が仙台藩主になると一国一城令が敷かれる中、特例として残された白石城1万3000石の城主を賜るも病のため、亘理領内の神宮寺村で療養し、慶長10年の春に白石へ移った。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣では病床に臥していたため、政宗に従うことができず、嫡子の重綱(のち重長)を参陣させた。

元和元年(1615年)、病のために死去。

享年59。

昭和3年(1928年)、正五位を追贈された。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

片倉景綱(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【片倉景綱(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)