【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天文21年(1552年)
【主君】 上杉憲政
【氏族】 妻鹿田氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将、関東管領山内上杉憲政の家臣。

姓は妻方、目方、目加田、目賀田など諸説ある。

名は新介とも。

親族にあたる九里氏の系譜を見る限り、出自は近江国六角氏家臣の目賀田氏とされる。

妻は上杉憲政の嫡子龍若丸の乳母。

[sengoku-2]

天文20年(1551年)、敵対関係にあった北条氏康による上野国侵攻戦に抗戦するが、翌年には憲政は平井城を脱して越後国へ逃れる。

しかし、龍若丸や新介は御嶽城に留まって抵抗したものの、やがて妻や弟の長三郎・三郎助、伯父の九里采女正らと謀り、龍若丸を氏康に差し出して自家の保全を謀る。

[sengoku-3]

龍若丸は殺されたが、新助らも氏康から不義をとがめられて誅されたという。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

妻鹿田新助(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【妻鹿田新助(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)