【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永正15年(1518年)
【死没】 不明
【改名】 信雅→印月斎一峯(法名)
【別名】 信昌、通称:源三郎
【官位】 左衛門佐、遠江守
【主君】 望月昌頼→武田信玄→勝頼→北条氏政→氏直→徳川家康
【氏族】 望月氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

信濃国望月城主。

滋野氏の後裔望月氏の庶流。

望月氏宗家の望月昌頼に仕え、天文12年(1543年)に長窪城主・大井貞隆と共に武田晴信(信玄)の侵攻に抵抗するが望月城が落城すると、弟の新六らと共に布引城へ逃れる。

以降も甲斐武田氏への抵抗を続けるが、天文17年(1548年)真田幸隆の仲介を得て武田氏に降伏し、望月氏惣領を継承する。

武田氏に臣従後、武田晴信の偏諱を受け信雅と名乗った。

[sengoku-2]

武田信繁の子・義勝を養子とするが、永禄4年(1561年)に信頼(義勝)が急逝すると、その実弟信永を養子として家督を譲り出家した。

天正3年(1575年)長篠の戦いで信永が戦死すると復帰し、その実兄・武田信豊と共に望月領を治めた。

天正10年(1582年)の甲州征伐で武田氏が滅亡すると、続く天正壬午の乱では後北条氏に仕えるが、間もなく依田信蕃の斡旋で徳川家康に仕える。

織田・徳川の連合軍が信州を平定した後、同10年10月24日には家臣村田但馬守に知行を与えている。

[sengoku-3]

天正12年(1584年)5月18日、村田但馬守に大日向の地を与え、7月12日には、原宮に一貫五百文の地を寄進している。

その後、家禄800貫を依田氏に託し、弟新六らと共に駿河国庵原郡の山中に遁世した。

永禄元年(1558年)には佐久郡の布引観音(小諸市)を再興させた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

望月信雅(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【望月信雅(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)