【時代】 戦国時代
【生誕】 大永3年(1523年)
【死没】 元亀元年9月19日(1570年10月19日)
【別名】 通称:満、与三、三左衛門尉、三左衛門
【主君】 土岐氏→織田信長
【氏族】 清和源氏義隆流森氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

土岐氏、後に織田氏の家臣。

美濃国金山城主。

槍の名手で、関兼定(大政所の父と言われる鍛冶屋)銘の十文字槍の使い手であった。

武勇の誉れ高く「攻めの三左」という異名を誇った。

大永3年(1523年)、森可行の子として尾張国葉栗郡蓮台(現岐阜県羽島郡笠松町)に生まれる。

美濃国の守護大名である土岐氏に仕え、斎藤道三により土岐氏が滅ぼされた後の天文23年(1554年)には尾張国で織田信長に仕えた(一説には斎藤氏家臣の長井道利に仕えた後の仕官とも)。

[sengoku-2]

信長の家督相続と尾張国統一に尽力し、弘治元年(1555年)の信長による清洲城攻めでは織田信友(広信)を討つ功績を挙げた。

弘治2年(1556年)4月に美濃国で政変が起こると、信長の舅にあたる道三を援助して、負け戦の中で負傷しながらも撤退に尽力した。

同年9月には信長とその弟・織田信行の家督争いである稲生の戦いにも参陣し信長軍の勝利に大いに貢献した。

永禄元年(1558年)の浮野の戦い、永禄3年(1560年)の今川義元との桶狭間の戦いなどにも参加した。

美濃攻略においても武功をあげ、斎藤勢のみならず、信濃から東美濃に侵攻してきた武田勢とも戦った。

永禄8年(1565年)には美濃金山城を与えられ、信長上洛の際には柴田勝家と共に先鋒を務め(勝竜寺城の戦いなど)、上洛後には近江宇佐山城を与えられた。

元亀元年(1570年)に6月に起こった姉川の戦いにも参戦。

勢いにのって突撃してきた磯野員昌隊の進撃を阻止するなど活躍する。

同年9月、宇佐山城に在った可成は浅井長政・朝倉義景の連合軍出撃の知らせを受けて進軍を妨害する為に宇佐山城より出撃して坂本に陣取り街道を封鎖。

9月16日に緒戦においては連合軍3万を1千の軍勢で撃退する(『信長公記』)。

しかし石山本願寺法主・顕如の要請を受けた延暦寺の僧兵も連合軍に加わり、9月20日にさらに数の膨らんだ連合軍の侵攻で先鋒の朝倉景鏡を押し返すなど健闘を見せるが、浅井対馬、玄蕃の2千に側面から攻撃を仕掛けられ、さらに朝倉中務、山崎吉家、阿波賀三郎の隊に加え浅井長政本隊もこれに加わったため信長の弟・織田信治、近江の国人・青地茂綱と共に討死した(宇佐山城の戦い)。

[sengoku-3]

可成の最期については記録に次の様に書き残されている。

「浅井長政、朝倉義景の大軍、短兵急に戦うによって、森可成、織田九郎防戦火花を散らし、九天九地の下を通り、終日合戦なり。浅井、朝倉新手を入れ替えて攻め戦うによって、織田九郎、森可成両将とも下坂本瀬戸在家にて討ち死になり」とある。

享年48。

討ち死にしたものの坂本で数日間に渡って浅井・朝倉連合軍の行軍を妨害し近江に釘付けにした為、連合軍は信長の背後を突くことは出来なかった。

宇佐山城も家臣の各務元正、肥田直勝などが奮戦、落城を免れた。

後日、2人は信長から賞賛を賜った。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

森可成(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【森可成(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)