【時代】 戦国時代
【生誕】 明応3年(1494年)
【死没】 元亀2年5月12日(1571年6月4日)
【主君】 土岐家→斎藤道三→織田家
【氏族】 森氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

幼名、小太郎。

越後守。

森可秀の息子。

森成恒の兄。

森可成、森可政の父。

明応3年(1494年)、森可秀の子として生まれる。

[sengoku-2]

永正9年(1512年)に祖父・森可房が近江赤田城攻めで戦死。

享禄元年(1528年)には父・可秀が近江小谷で戦死したため家督を継いで土岐氏に仕えた。

土岐頼武、土岐頼芸兄弟の内訌において可行がどちらを支持していたか定かではないが、斎藤道三との仲はさほど良好ではなかったとみえ、道三が頼芸を追放した後には密かに織田信秀の元に度々赴き誼を通じるなどの行動を取り始めるようになり、天文23年(1554年)までには息子の可成と共に信秀の息子、織田信長へと転じることになる。

[sengoku-3]

織田家に鞍替えした頃にはすでにかなりの高齢であり、可成の名は文献に多く登場する一方で可行の動向は殆ど判らず既に家督を可成に譲って隠居していたとみられる。

元亀2年(1571年)5月12日に金山城で死亡。

享年78(没年については天正元年(1573年)、享年80とする史料もある)。

法名は前越州太守悟浄紹徹禅定門。

墓所は岐阜県可児市兼山の可成寺。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

森可行(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【森可行(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)