【時代】 戦国時代 – 江戸時代
【生誕】 永禄3年(1560年)または永禄4年(1561年)
【死没】 元和9年6月16日(1623年7月13日)
【別名】 九一郎、宗兵衛、勝也、惣兵衛尉
【官位】 対馬守
【主君】 森長可→羽柴秀吉→徳川家康→森忠政
【氏族】 森氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

永禄3年(1560年)、森可行の子として尾張国葉栗郡蓮台(現岐阜県羽島郡笠松町)に生まれる(生年は永禄4年(1561年)とも)。

可行が60歳代の時の子で、森可成とは兄弟であるが実に37歳もの年齢差がある(年齢差からすれば恐らくは母の大橋氏は父・可行の後妻であり、先妻と思われる青木氏の子とされる可成とは異母兄弟ということになる)。

そのため可成の息子(可政にとっての甥)のうち可隆、長可より年下という立場であった。

可成の死後、成長すると家督を継いだ長可の補佐に回るようになり行動を共にし、天正7年(1579年)の有岡城の戦いには長可と共に参陣している。

天正10年(1582年)の本能寺の変後に長可配下の甲賀衆の伴惟安が安土城に居住していた(これには人質としての意味もあった)長可の弟の仙千代(後の森忠政)と母の妙向尼、可政の娘・於鍋を秘密裏に救出に向かった。

しかし、伴は仙千代と妙向尼だけを救出し、於鍋を政情不安な安土に置き去りにした。

この一件以降、可政は長可と不仲となり森家を出奔する(於鍋は後に可政が独力で救出)。

[sengoku-2]

出奔後は羽柴秀吉の元に身を寄せ、天正11年(1583年)には秀吉傘下の黄母衣衆の一角に名を連ねるようになる。

その後の小牧・長久手の戦い、小田原征伐、文禄・慶長の役にも参加。

文禄・慶長の役の際は文禄の役では名護屋城守備につき、慶長の役では渡海して釜山の城を落とす際に功を挙げたという。

戦後に朝鮮での戦功を認められ1860石に加増される。

ただ、秀吉の生前から徳川家康と誼を通じており、次男の可澄を徳川家に仕えさせ、更に森家を出奔し浪人していた娘婿の関武兵衛も榊原康政へと仕官できるよう手配するなど豊臣家への忠誠はさほど深くは無かった。

そして秀吉が没するとすぐさま家康に通じ、慶長4年(1599年)に起こった武断派7将による石田三成襲撃騒動の際には向島城の家康の元に馳せ参じ警備を買って出ている。

翌慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは有馬則頼に属して戦い、戦後500石を加封されて2360石。

なお、同年中に池田輝政の仲介で森忠政と会見し実に18年ぶりに森宗家と和解している。

江戸幕府成立後は家康の直臣に取り立てられる。

慶長9年(1604年)、対馬守任官。

[sengoku-3]

森忠政は数少ない生き残りの一門として可政の復帰を家康に希望しており、慶長17年(1612年)になると美作津山の忠政の下に戻る。

所領5000石(のち加増され7000石)と執権職を与えられ、さらに可政の津山入りの際には忠政自ら迎えに現れるなど、好待遇を受ける。

また、家康直臣時代の所領は重政、可澄がそのまま家康の下に残り引き継いだ。

その後は執権として森家中で大きな発言力を得て、3人の息子と共に忠政を補佐し、慶長19年(1614年)から慶長20年(1615年)の大坂の陣の2度の戦の際に忠政が領国を留守にする時には、留守居役として領国経営を代行した。

元和9年(1623年)6月16日に死亡。

享年64。

7000石の遺領は四男可春に3500石、五男正次に1500石、六男正信に2000石(1500石のち2000石)に分配して引き継がれた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

森可政(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【森可政(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)