【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文15年(1546年)
【死没】 慶長5年5月7日(1600年6月17日)
【別名】 金吾、十郎左衛門
【主君】 津軽為信
【氏族】 森岡氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

津軽氏の家臣。

天文15年(1546年)、大浦氏(後の津軽氏)の家臣・森岡信治の子として誕生。

森岡氏は大浦盛信の子・森岡為治を祖とする津軽氏の庶流であるとされる。

[sengoku-2]

父・信治は大浦為則の後見役にあたり、父の跡を継いで為則の婿養子・大浦為信(津軽為信)に仕えた。

元亀2年(1571年)5月5日、為信によって石川城や和徳城が落城すると和徳城主となった。

天正3年(1575年)の大光寺城攻めでは泥に馬の足を取られた為信の窮地を救い、天正7年(1579年)の茶臼館戦でも夜襲をかけて敵勢を壊走させるなど、為信の戦国大名としての独立に大いに貢献し、兼平綱則、小笠原信浄らと共に大浦三老の一人にまで列せられた。

[sengoku-3]

しかし後に為信と対立し、慶長5年(1600年)5月7日、梶仁右衛門によって久渡寺で暗殺された。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

森岡信元(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【森岡信元(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)