【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天文15年(1546年)
【官位】 飛騨守
【主君】 安東尋季
【氏族】 森山氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

下国(檜山)安東氏の家臣。

陸奥国森山館主。

森山氏は安東氏の庶流。

[sengoku-2]

陸奥津軽深浦郷森山館主であった季定は、天文15年(1546年)、安東尋季に謀叛を起こし森山館に籠城するが、攻め寄せた尋季と、増援に来た蝦夷の被官蠣崎季広に館を包囲され落城、季定は自害した。

出羽国河北郡深浦森山の館主の飛騨弾守季定が1546年(天文15年)春に安東氏に背いて討たれたという記録が、松前藩の歴史書『新羅之記録 』にある。

[sengoku-3]

飛騨季定(ひだすえたか)が謀反を起こすと、これに檜山城より安東尋季親子が押し寄せて来た。

蠣崎季広は搦手の大将として参加する、急の飛脚が告げられてきた。

季広は人数をそろえ、船に乗り連ね小泊に渡り、3月5日には森山に到着した。

同15日、館の内より水桶を担いで出入りする者を見て、遥かに館の麓からこれを射つと、矢は当たり後ろから胸板を射通した。

森山の館は程なくして落城した。

生け捕られた者どもから「館内には水が無く、敵方に悟られない様にと水を汲む真似をしていたところ、射殺された 」と聞いた。

敵方の落城はこれが原因であったという。

季広の朝臣の矢一つによって、飛騨季定を自害に追い込んだのである。

この弓は細い竹を組み合わせた細箔という。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

森山季定(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【森山季定(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)