【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永正17年(1520年)
【死没】 天正10年(1582年)
【別名】 政国、義綱、通称:太郎
【官位】 左衛門尉、安芸守、越中守
【主君】 村上義清→武田信玄→織田信長
【氏族】 屋代氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

村上氏、甲斐武田氏、織田氏の家臣。

屋代氏は信濃国埴科郡屋代郷を領していた国人で、信濃村上氏の庶流。

[sengoku-2]

永正17年(1520年)、屋代正重の子として誕生。

村上義清の重臣として武田信玄の信濃侵攻に対抗し、天文17年(1548年)の上田原の戦いでは嫡男・基綱を喪う。

天文22年(1553年)に村上氏から離反して武田氏に降伏、塩崎六郎次郎と共にその家臣となった。

天正3年(1575年)の長篠の戦いで次男・正長(清綱)を喪い、甥の秀正を養子に迎えて家督を継承させたが、なおも実権は握り続けた。

[sengoku-3]

天正10年(1582年)に武田氏が織田信長によって滅ぼされると、信長に降伏してその家臣となり、森長可の与力武将となった。

没年は天正10年(1582年)と言われているが、永禄4年(1561年)の第四次川中島の戦いで戦死したとする説もある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

屋代正国(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【屋代正国(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)