【時代】 戦国時代 – 江戸時代初期
【生誕】 大永6年(1526年)
【死没】 慶長8年2月13日(1603年3月25日)
【改名】 正成(初名)→親正
【別名】 土田甚助(通称)、近規、近正、政勝、近親
【官位】 従五位下、従四位下、雅楽頭
【主君】 織田信長→豊臣秀吉→秀頼
【藩】 讃岐高松藩主
【氏族】 土田生駒氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。

三中老の一人。

生駒親重の子として美濃国可児郡土田(現在の岐阜県可児市土田)に生まれる。

永禄9年(1566年)、織田信長の美濃攻めに際してその臣下となる。

その後は羽柴秀吉付属の武将に任じられ、金ヶ崎の戦い、長篠の戦い、石山本願寺攻め、紀伊国雑賀攻めなどに参加した。

[sengoku-2]

天正10年(1582年)の信長死後は秀吉の家臣となり、山崎の戦い、賤ヶ岳の戦い、小田原征伐、文禄の役などに参加して活躍。

姫路城主時代の秀吉に仕えていた天正6年(1578年)の約1000石からはじまり、同12年(1584年)に2000石加増、同13年(1585年)に2万3500石、同14年(1586年)には6万石と着々と知行を増やした。

文禄4年(1595年)には讃岐国17万1800石を与えられ高松城と丸亀城を築城し城下町の形成に着手した。

丸亀では築城に伴い、御供所町、西平山、北平山の三浦と呼ばれるエリアと、南条町、本町、塩飽町のエリアを基軸に城下町を形成した。

秀吉の晩年には、中村一氏や堀尾吉晴と共に三中老に任じられて豊臣政権に参与したが、この三中老は後世に作られた実在しない制度とする指摘もある。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、子の一正は東軍に与し、親正は在国していたが西軍に与して丹後国田辺城攻めに家臣を代理として派遣した。

理由として西軍決起時に在坂していたため西軍に付かざるを得なかった、どちらが敗れても生駒家が存続できるよう配慮した、などの説がある。

戦後に剃髪し、高野山に入った。

西軍に与した責任を取るためとされてきたが、高野山入りは関ヶ原で戦闘が行われる前であり、東軍寄りの行動の責任を問われたためとする説もある。

その後、一正が東軍に与した経緯から生駒家の所領は安堵された。

ほどなくして讃岐に戻り、慶長8年(1603年)に高松城にて死去した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

生駒親正(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【生駒親正(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)