【時代】 戦国時代
【生誕】 永正4年11月15日(1507年12月18日)
【死没】 天文20年9月1日(1551年9月30日)
【改名】 亀童丸(幼名)→義隆
【別名】 受領名:周防介、尊称:大内介
【官位】 従五位下、従五位上、左京大夫、正五位下、周防介、筑前守、従四位下、大宰大弐、左兵衛権佐、従四位上、兵部権大輔、正四位下、伊予介、従三位、侍従、正三位、兵部卿、従二位
【主君】 足利義晴→義輝
【氏族】 大内氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将、守護大名・戦国大名。

周防国の在庁官人・大内氏の第16代当主。

第15当主・大内義興の嫡男。

母は正室の内藤弘矩の娘。

周防・長門・石見・安芸・豊前・筑前の守護を務めた。

官位は従二位兵部卿兼大宰大弐兼侍従。

また義隆の時代には大内文化が爛熟し、西国の地方政権大内政権を築いて大内家は領土的に全盛期を迎えたが、文治政治に不満を抱いた一族でもある家臣の陶隆房に謀反を起こされ、義隆と一族は自害して、大内家は事実上滅亡した。

永正4年(1507年)11月15日、周防・長門・石見・豊前4か国の太守である大内氏の第15代当主・大内義興の嫡子として大内氏館で生まれる。

母は長門守護代の内藤弘矩の娘である。

幼名は亀童丸(きどうまる)と言うが、これは父や祖父の政弘ら歴代当主の名乗った幼名であり、義隆は幼少時から嫡子としての地位を明確にされ、同時に大内家で歴代に渡り家督相続時に発生した内紛を予防するために名乗らされていた。

義隆は幼児期は乳母や多くの女に囲まれて成長した。

少年期になると介殿様と呼ばれたが、これは周防介の略であり、大内家当主の地位として世襲されたものであり、義隆が嫡子として扱われていた証左である。

なお、義隆が周防介になった年は明確ではないが、永正17年(1520年)の時点で義隆を介殿様と記している事から、この頃に従五位下・周防介に叙任されたと考えられている。

また、その前後に将軍・足利義晴から偏諱を受けて元服し、義隆と名乗っている。

[sengoku-2]

元服後の大永2年(1522年)から父に従い、大永4年(1524年)には父に従って安芸国に出陣する。

この時は5月に別働隊を率いて岩国永興寺へ、6月に厳島へ入り、7月に重臣の陶興房とともに安芸武田氏の佐東銀山城を攻めた。

しかし8月に尼子方として救援に赴いた毛利元就に敗退する。

また山陰の尼子氏とも干戈を交えた。

この頃に京都の公卿・万里小路秀房の娘・貞子を正室に迎えた。

この最中の大永3年(1523年)に寧波の乱が勃発しており、その後大内氏は東シナ海の貿易を独占している。

享禄元年(1528年)12月に父が死去したため、義隆は22歳で家督を相続する。

大内家では家督相続の際に一族家臣の間での内訌が起こることが常態化していたが、義隆相続の際には起こっていない。

これは義隆の弟・弘興の早世による親族の欠如と、重臣の陶興房の補佐によるところが大きいとされている。

享禄2年(1529年)12月23日に従五位上に叙され、享禄3年(1530年)10月9日に父祖と同じ左京大夫に任命された。

天文10年11月、尼子経久が死去すると、天文11年(1542年)1月に義隆自ら出雲国に遠征して尼子氏の居城月山富田城を攻囲するが、配下の国人衆の寝返りにあって晴久に大敗した(月山富田城の戦い)。

しかもこの敗戦により寵愛していた養嗣子の大内晴持を失ったことを契機に領土的野心や政治的関心を失い、以後は文治派の相良武任らを重用するようになった。

このため武断派の陶隆房や内藤興盛らと対立するようになる。

[sengoku-3]

天文20年(1551年)8月末、義隆と険悪な関係になった武断派の陶隆房(周防国守護代)が謀反の兵を挙げた。

重臣の内藤興盛(長門国守護代)もこれを黙認し、義隆を救援することはなかった。

義隆は親族である津和野の吉見正頼を頼ろうとしたが暴風雨のために身動きがとれず、長門深川の大寧寺までたどり着くとそこに立て籠もった。

義隆に従った重臣・冷泉隆豊の奮戦ぶりが目覚しかったが、所詮は多勢に無勢で、9月1日の10時頃に義隆は隆豊の介錯で自害した。

享年45。

辞世は「討つ者も 討たるる者も 諸(もろ)ともに 如露亦如電(にょろやくにょでん) 応作如是観(おうさにょぜかん)」と伝わる。

義隆の実子の大内義尊も、9月2日に陶軍に捕らえられ殺害された。

義隆・義尊の死により、周防大内氏は事実上滅亡した。

またこの時周防国に滞在していた三条公頼や二条尹房をはじめとする多くの公家たちもこの謀反に巻き込まれ殺害された。

義隆には、家中や領民の動向が見抜けず、公卿的生活を尚んだ中央指向の姿勢を貫くため、国情を無視して臨時課役を増したことが悲劇につながったとされている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

大内義隆(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【大内義隆(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)