【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 16世紀中期ごろ
【死没】 慶長5年7月17日(1600年8月25日)
【改名】 秀清(諱)、少斎(法名)
【別名】 又六、加々美小左衛門、小笠原少斎
【官位】 備前守・民部少輔
【主君】 足利義輝→細川藤孝、忠興
【氏族】 小笠原氏(京都小笠原氏)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・故実家。

室町幕府幕臣・細川氏(後の肥後藩主家)家臣。

一般には小笠原少斎の名で、細川ガラシャを介錯した人物として知られる。

[sengoku-2]

16世紀中期、小笠原稙盛(稙清・民部少輔)の子として出生。

生家の京都小笠原氏は、室町時代初期に小笠原宗家(信濃小笠原氏)から分かれ、代々京都で奉公衆として室町幕府に仕えていた。

父の稙盛は足利義輝の近習であったが、永禄8年(1565年)5月19日の永禄の変で義輝と共に討死したという。

秀清は変の後に浪人となったが、後年丹後国で細川藤孝の客分となり、500石を給された。

後に剃髪して少斎と号したが、その時期は藤孝と同時の天正10年(1582年)とも、慶長元年(1596年)ともいう。

[sengoku-3]

慶長5年(1600年)6月、細川忠興が会津征伐に従軍すると、家老であった秀清は、河喜多(川北)石見一成、稲富祐直らとともに大坂屋敷の留守居を命じられた。

7月16日、忠興正室・玉子(ガラシャ)の大坂城登城を促す石田三成方の使者が来るが、秀清らはこれを拒絶。

ガラシャと相談の上、重ねて要求のあったときには自害すると決定した。

翌17日、石田方の兵に屋敷を囲まれると、秀清はガラシャの胸を長刀で突き介錯した。

この後、秀清は屋敷に火をかけて、河喜多らと共に自害した。

稲富は包囲方に加わっていた砲術の弟子の手引きで逃亡したため、後に忠興の勘気を蒙ることになった。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

小笠原秀清(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【小笠原秀清(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)