【時代】 戦国時代
【生誕】 明応7年(1498年)
【死没】 天文21年7月4日(1552年7月25日)
【改名】 兼演→以安斎(号)
【別名】 通称:三郎五郎
【官位】 越前守
【主君】 島津勝久→貴久→島津実久→島津貴久
【氏族】 肝付氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

大隅国加治木城主。

兼演の家系は肝付氏本家12代・兼忠の三男・兼光を祖とする肝付氏庶流で、島津勝久の家老を務めた。

大永6年(1526年)11月に勝久が島津貴久に家督を譲った際に、兼演は越前守に任じられ、そのまま貴久に仕えた。

[sengoku-2]

天文3年(1534年)、貴久の実父・島津忠良に辺川・加治木・木ノ内・中ノ州などの領地を与えられてより、それまでの本貫地であった大隅溝辺から加治木に拠点を移した(大永7年(1527年)説あり)。

天文6年(1537年)、兼演は薩州家当主・島津実久の調略に応じ、一転して貴久に敵対する。

これに貴久は、天文11年(1542年)に北原氏庶流の北原兼孝の助勢を得て加治木に攻め込むが、兼演はこれを退却させた。

[sengoku-3]

貴久は次に、天文18年(1549年)5月に伊集院忠朗・樺山善久・北郷忠相らの軍勢を遣わした。

これに蒲生氏・入来院氏・祁答院氏・東郷氏が兼演の助勢に駆けつけ対陣するも、11月に伊集院忠朗の子・忠倉の火計により陣を乱され敗退、兼演は北郷氏を通じて貴久に降伏した。

しかし、翌年に加治木の領有は安堵される。

天文21年(1552年)に死去。

享年55。

嫡男・兼盛が後を継いだ。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

肝付兼演(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【肝付兼演(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)