【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 天正10年8月28日(1582年9月24日)
【別名】 通称:掃部
【主君】 長宗我部元親
【氏族】 黒岩氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

長宗我部氏の家臣。

父は黒岩越前守といい、土佐国の安芸国虎の忠臣で殉死している。

種直はその主君と父の仇である長宗我部元親に仕えた。

[sengoku-2]

天正10年(1582年)8月28日、元親に従って中富川の戦いで十河存保と戦い、戦死した。

軍記物である『土佐物語』巻第十三「中富川合戦の事」天正10年8月26日(28日の記述なし)には、その最期が次のように記述されている。

黒岩掃部種直は敵を槍つけ首を取るも、主君を討ち取られて、かけつけてきた郎等(十河存保との記述はない)に後ろから諸膝を斬り落とされ、うつ伏せになったところを首をかき切られる。

[sengoku-3]

郎等は主君の首と種直の2首と共に去ろうとするが、それを見ていた中内木工右衛門が、種直の子である黒岩玄蕃にそのことを知らせる。

親の仇に向かった玄蕃に気づいた郎等は2首を投げ捨て、相手をするが、玄蕃に左肩から右乳まで斬りつけられ、討ち取られる。

玄蕃は父種直の首と敵2首の合わせて3首を持ち去る。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

黒岩種直(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【黒岩種直(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)