【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 天文6年(1537年)
【死没】 天正9年5月28日(1581年6月29日)
【改名】 神代勝良(初名)→長良
【官位】 刑部大輔
【主君】 少弐冬尚 → 大友宗麟 → 龍造寺隆信
【氏族】 神代氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代、安土桃山時代の武将。

肥前三瀬城主。

天文6年(1537年)、山内二十六ヶ山惣領である神代勝利の嫡子として生まれる。

初名は父の1字を取って勝良(かつよし)といった。

父と同じく少弐氏の家臣として仕えて龍造寺隆信と戦った。

永禄7年(1564年)に父が隠居したため、家督を継いで当主となる。

[sengoku-2]

隆信とは永禄4年(1561年)の川上峡合戦で干戈を交えた後に永禄5年(1562年)に、長良の娘・初菊を隆信の三男・鶴仁王丸(後の後藤家信)へ嫁がせることで和談に至っていたが、永禄8年(1565年)3月に父が病没、また4月に長男・長寿丸(千寿丸とも)と初菊が揃って疱瘡を患い死去すると、それを好機とばかりに隆信勢が居城の千布城へ攻めてくる。

不意を突かれた長良は筑前国へ逃れた。

しかし、大友家臣である鷲岳城主の大鶴宗周を頼ると、戸次鑑連(後の立花道雪)・大友宗麟と知遇を得られた。

そして、同年8月20日、旧臣の援けと原田隆種らから得た加勢の300騎をもって山内への復帰を果たせた。

[sengoku-3]

翌年、長良は昨年の恨みを晴らすべく、干ばつの最中であった納富信景の領地の水源を断ち、不審に思い現れた信景の嫡子・納富信純(のぶずみ:信澄とも)とその手勢を伏兵にて討ち取った。

その後は大友氏に属し、隆信の居城・村中城攻めに参加、今山の戦いでは家臣数名が討たれている。

元亀2年(1571年)、隆信が少弐・大友の領地を攻めるべく出陣している留守を突かんと出陣、これを聞き付けた納富信景と戦った後に和睦、以降は龍造寺家臣となり、小河信俊の子(隆信の義弟である鍋島直茂の甥)である家良(いえよし)を養子として迎えている。

天正9年5月28日、三瀬城にて病死した。

享年45。

家良の家系は後に佐賀藩の藩主一門格の川久保鍋島家となった。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

神代長良(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【神代長良(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)