【時代】 戦国時代
【生誕】 天文17年(1548年)
【死没】 天正元年8月14日(1573年9月10日)
【改名】 喜太郎(幼名)→龍興
【別名】 右兵衛大夫、治部大輔(通称)、一色義糺、一色義輔、一色義棟、一色義紀、一色式部大輔
【主君】 足利義輝→足利義栄→朝倉義景
【氏族】 斎藤氏、一色氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の美濃国の戦国大名。

道三流斎藤家3代(美濃一色家2代)。

天文17年(1548年)、斎藤義龍の庶子として生まれたと伝わるが、生母が近江の方(近江局)という説が事実であるならば、義龍正室の子となり、嫡男となる。

近江の方は浅井久政の娘という説があるが、義龍と久政は年齢が1つしか違わないため、近江の方は久政の実子ではなく養女ということになる。

よって近江の方は、久政の父・浅井亮政の娘であるというのが有力な説となっている。

義龍と道三の父子関係を肯定するのであれば、斎藤道三の実の孫に当たる。

永禄4年(1561年)、父・義龍の死により14歳で美濃斎藤氏の家督を継ぐ。

しかし父の代から続く尾張国の織田信長の侵攻、祖父の代より続く家臣の流出(森可成、坂井政尚、堀秀重、斎藤利治、明智光秀等)、祖父や父と比べると凡庸で、評判の悪い斎藤飛騨守の重用などにより、家臣の信望を得ることができなかった。

永禄4年の森部の戦いにおいては、戦いそのものには勝利したものの、重臣(斎藤六宿老)の日比野清実、長井衛安らを失う。

永禄5年(1562年)には、有力家臣であった郡上八幡城主の遠藤盛数が病没する。

[sengoku-2]

龍興は信長の侵攻に対処するため、父・義龍の進攻対象であった北近江の浅井長政と同盟を結ぼうとした。

しかし信長に機先を制され、長政は信長と同盟を結び、逆に美濃に侵攻するようになる。

この時は義龍の時代から同盟を結んでいた六角義賢が浅井領に侵攻したため、長政は美濃攻めを中止して撤退している。

永禄6年(1563年)、再度侵攻した織田信長と新加納で戦い、家臣の竹中重治の活躍もあって織田軍を破った(新加納の戦い)。

しかし永禄7年(1564年)、斎藤飛騨守に私怨があった竹中重治と、その舅であり西美濃三人衆の1人・安藤守就によって飛騨守を殺害されて居城の稲葉山城を占拠され、龍興は鵜飼山城、さらに祐向山城に逃走した。

後に重治と守就は龍興に稲葉山城を返還したため、龍興は美濃の領主として復帰したものの、この事件により斎藤氏の衰退が表面化する。

織田信長の永禄5年頃から始まった小牧山城築城により圧力がかかった東美濃においては(遠山氏が織田氏の縁戚となるなど元々織田氏の影響力が強い地域であったが)、有力領主である市橋氏、丸毛氏、高木氏などが織田氏に通じるようになる。

永禄8年(1565年)には、織田家に降った加治田城主・佐藤忠能により、堂洞城主の岸信周が討たれた。

この時、関城主であり、国内の押さえとなっていた大叔父の長井道利も織田家の武将となっていた斎藤利治に敗れ、中濃地方も信長の勢力圏に入った(中濃攻略戦)。

11月13日には、足利将軍家一色藤長にあてて、代初の儀について太刀一腰と馬一疋を祝言に贈っている。

永禄10年(1567年)、西美濃三人衆の稲葉良通や氏家直元、安藤守就らが信長に内応した為、遂に稲葉山城を信長によって落とされ(稲葉山城の戦い)、8月15日、城下の木曽川を船で下り、北伊勢の長島へと退散した。

その為、龍興を追って織田軍が長島に攻め寄せている。

当時20歳。

以降、再び大名として美濃に返り咲くことはなかった。

[sengoku-3]

長島に亡命した龍興は、元亀元年(1570年)に始まる長島一向一揆に長井道利と共に参加し、信長に対する抵抗活動は継続した。

その後伊勢から畿内へ移り、永禄12年(1569年)1月には三好三人衆と結託し、信長が擁立した室町幕府第15代将軍・足利義昭を攻め殺そうとしたが、敗退している(本圀寺の変、六条合戦)。

更に同じ元亀元年(1570年)8月には、三好康長、安宅信康、十河存保や石山本願寺法主・顕如らとともに三好三人衆の籠城を支援(野田城・福島城の戦い)。

信長が朝倉義景、浅井長政に後背を脅かされ、退却するまで持ちこたえた。

その後、縁戚関係にあったことから越前国の朝倉義景の下へ逃れて保護された。

いわゆる客将として遇されたとも伝わる。

元亀2年(1571年)8月、顕如は一色式部大輔(=龍興)に充てて書状を送り、「御本意」実現を願って黄金と太刀を贈っている。

また、翌元亀3年(1572年)8月に美濃郡上郡の安養寺乗了と越前大野郡の最勝寺専勝から、本願寺の坊官である下間頼旦に対して、本願寺から郡上郡と大野郡の門徒に協力を命じた”「一色殿」の入国計画”の進行状況に関する書状が残されている。

それより少し前の同年正月には、「一色義紀」と称していた龍興から乗了に対して、専勝が遠藤氏を説得し、また自分も日根野弘就を長島に派遣する予定であったが、専勝の病気で計画が延期になってしまったとする書状が残されている。

これらの文書から、朝倉氏や越前・美濃の門徒の支援を受けた龍興が北(越前)から、長島の門徒の支援を受けた日根野が南(伊勢)から、美濃に入国・挟撃する計画が存在したことが分かり、同年冬には実際に作戦が実行されたことを示唆する顕如の書状[6]が存在する。

しかし朝倉軍が雪のために全軍を越前に引き上げたこともあって、龍興も美濃国奪取・復帰までには至らず、同じく越前に引き上げたと見られている。

天正元年(1573年)8月、義景が浅井長政を支援し、信長と対決するために近江国北部に出陣した際に龍興も従軍したが、8月14日、朝倉軍が織田軍に敗れて刀禰坂で追撃を受けた際、戦死した。

一説によると、かつての重臣であった氏家直元の嫡男・氏家直昌に斬られたとされている。

享年26。

法名は瑞雲庵竜興居士とされるが、『常在寺記録』には瑞光院竜淵宗雲日珠大居士と号したとある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

斎藤龍興(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【斎藤龍興(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)