【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永禄5年(1562年)
【死没】 慶長5年10月28日(1600年12月3日)
【改名】 赤松広英→広秀→広通→政広
【別名】 広秀、広英、広道/広通、斎村弥三郎広英、斎村左兵衛、通称:弥三郎、孫二郎
【官位】 従五位下左兵衛佐
【主君】 織田信長→豊臣秀吉(蜂須賀正勝)→秀吉→秀頼
【氏族】 龍野赤松氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、大名。

播磨龍野城、のち但馬竹田城城主。

赤松政秀の子で赤松 広秀(あかまつ ひろひで)あるいは赤松 広通(あかまつ ひろみち)とも言う。

通称を弥三郎、孫二郎。

官途は従五位下左兵衛佐。

[sengoku-2]

永禄5年(1562年)、播磨龍野城主・赤松政秀の子として誕生。

母は赤松晴政の娘。

正室は宇喜多直家の娘。

元亀元年(1570年)に父・政秀、その後に兄・広貞が死去すると、若くして家督を継承した。

政広の龍野赤松氏は支流ではあったが、守護赤松氏に入った赤松義祐の七条流よりも、むしろ血統的に嫡流に近い家柄で、このために内紛を続けていた。

しかし政秀の敗北で勢力を失い、広貞の頃から織田方の荒木村重に人質を出して服属した。

天正3年(1575年)10月20日、政広も、先に降った小寺政識、別所長治と共に上洛して織田信長に謁見した。

11月にも信長を訪問して太刀等を献上した。

このとき15歳である。

初名かどうかは分からないが、この頃の龍野城主としての名乗りは広英(ひろひで)であった。

天正4年(1576年)3月に毛利・宇喜多軍が播磨に侵入するとこれに従う。

天正5年(1577年)10月より羽柴秀吉による中国攻めが始まると、広英は戦わずに龍野城を明け渡して家老の平井貞利の所領・平井郷佐江(竜野市揖西)に蟄居して、旧領安堵を訴えたが、認められずに鵤周辺に僅かな所領が与えるに留まった。

龍野城は取り上げられ、石川光元が城代として入った。以後、播磨で信長方として働く。

天正7年(1579年)1月28日、毛利氏との戦いでの功を信長に賞されている。

天正8年(1580年)、秀吉が播磨を平定すると再び旧領回復を願い出たが、秀吉は家臣の蜂須賀正勝に龍野城5万3,000石を与えて、広英には太子寺付近の所領のみを与え、正勝の与力とした。

天正10年(1582年)2月、正勝に属して備中高松城の戦いに参加した。

3月にも蜂須賀隊の先陣を務めている。

6月、本能寺の変の後もそのまま秀吉に属した。

この頃、広秀(ひろひで)と同音異字に名乗りを変えている。

[sengoku-3]

天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いでは蜂須賀隊の先鋒を指揮し、正勝不在中は代わって全体を統括した。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い、天正13年(1585年)の四国の役でも引き続き、正勝(あるいは家政)与力として活動。

四国の役の論功行賞で、正勝の子・家政は阿波一国(17万3千石)に移封されたが、龍野城は福島正則に与えられて帰還ならず、広秀は但馬竹田城主に封じられた。

以後は秀吉の直臣。

天正15年(1587年)、九州の役に従軍。

同年、秀吉の計らいで宇喜多秀家の妹と結婚した。

『武家事紀』によれば秀吉の赤母衣衆の1人に選ばれている。

天正18年(1590年)、小田原の役では後備として駿河に駐屯、沼津城に600騎。

天正19年(1591年)、秀吉の三河吉良狩猟に随従した。

文禄元年(1592年)、文禄の役に従軍し、兵800を率いて朝鮮に渡海。

倭城の在番衆となった。

帰朝後、文禄3年(1594年)には伏見城の普請を分担。

翌年、伏見城下に邸宅を許されたが、この頃に広通(ひろみち)と名乗りを改めた。

また当時、竹田城で2万2,000石を知行していた。

慶長3年(1598年)の秀吉の死に際して遺物金5枚。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは石田三成に味方して西軍に与し、細川幽斎の居城である丹後田辺城を包囲した。

しかし関ヶ原本戦で西軍が敗れると、包囲を解いて帰還。

但馬に侵攻した亀井茲矩とは旧交があり、その説得で東軍に降伏して、その要請を受ける形で、西軍の宮部長房の居城・因幡鳥取城を攻めたが、このとき城下を焼き討ちして民家に放火したのを咎められ、戦後、徳川家康から切腹を命じられた。

同年10月28日に鳥取の真教寺で自刃した。

享年39。

竹田城は家康の命により山名豊国が接収し、その後、廃城とされた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

斎村政広(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【斎村政広(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)