【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 永禄12年(1569年)
【死没】 寛永11年9月26日(1634年11月16日)
【別名】 與九郎(通称)
【主君】 織田信長→信雄→信包
【氏族】 佐治氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期の武将。

織田氏の家臣。

佐治信方の嫡男。

母は織田信長の妹・犬。

尾張佐治氏は、知多半島の大野を中心とする西海岸地域を領する一族で、伊勢湾海上交通を掌握する佐治水軍を率いていた。

その立場は織田氏に従属的な家臣とする説と、独立的な国衆で、父の信方が永禄初年頃に信長の妹・犬を室に迎えていることから、織田一門格であるとする説がある。

[sengoku-2]

父・信方は織田氏による伊勢長島攻めに従軍して戦死(天正2年(1574年)9月28日とも、元亀2年(1571年)ともいわれる)したため、幼少の一成が家督を相続する。

近江国小谷城主・浅井長政の娘・江を妻に迎えたといわれており、後に離縁したといわれているが、諸説ある。

天正10年(1582年)の本能寺の変による信長横死後、その次男・織田信雄に仕えるが、羽柴秀吉と徳川家康・信雄の敵対から発生した天正12年(1584年)3月の小牧・長久手の戦いにおいて、合戦後に家康が三河へ帰陣する途中の佐屋街道の渡しにおいて船を提供し、秀吉の怒りを買い大野を退去したという(佐屋の渡一件)。

一方、文書上においては小牧・長久手後にも一成の大野支配が確認されているが、天正13年(1585年)の頃とみられる『織田信雄分限帳』においては一成の名が見られず、一成の大野退去は小牧・長久手後の論功行賞によるものであると考えられている。

[sengoku-3]

母親の犬が死去した際に、亡き母親の弔い料として10月3日に三貫九百八十九文を、さらに翌年に香料として十九貫六百五十五文をそれぞれ奉納しており、離別後も母お犬と交渉を持っていたことが窺える。

その後、伯父・織田信包の領する伊勢へ逃れてその家中にあり(丹波・柏原藩筆頭家老など)、後に信長と側室・お鍋の方の娘で従妹にあたる於振を正室に迎えたと伝えられる。

寛永11年9月26日(1634年11月16日)、京都にて死去した。

享年66。

墓所は龍安寺にある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

佐治一成(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【佐治一成(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)