【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代初期
【生誕】 不明
【死没】 不明
【主君】 伊達輝宗→政宗
【氏族】 柴田氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将。

陸奥の戦国大名伊達氏の家臣。

伊達輝宗・政宗に仕えた。

通称は始め源四郎兵部、中に四郎又兵部、のち但馬。

[sengoku-2]

柴田郡四保城主の四保定朝の子として生まれる。

天正4年(1576年)8月、伊達輝宗に従い、相馬の役に出陣、伊具表に7番備で相馬氏と戦う。

天正17年(1589年)8月、輝宗の子・政宗に従い、南会津郡南郷邑梁取城、泉城を攻略。

同年10月には須賀川城攻略に出陣し先鋒を務めた。

文禄年間に政宗に従って上洛し豊臣秀吉に拝謁する。

この時に秀吉の命により本姓の柴田に戻すよう命ぜられ、姓を柴田に戻し、柴田宗義と称した。

[sengoku-3]

文禄2年(1593年)、政宗の命により居城を柴田郡船岡邑四保城から志田郡桑折邑(現:大崎市三本木)に移す。

宗義の娘、睦子は政宗の側室となり、於山方と称され、のち、伊達宗信、伊達宗高、牟宇姫の3人を出産した。

慶長5年(1600年)9月の出羽最上氏救援の際には、留守政景を名代として伊達軍が最上に出陣。

宗義はこの頃病を患っていた為、まだ13歳の子の宗朝を代わりに出陣させた(長谷堂城の戦い)。

慶長8年(1603年)、政宗の命により志田郡桑折から伊具郡金津に移る。

慶長12年(1607年)、政宗の命により伊具郡金津から胆沢郡水沢城に移り、2,000石を領治した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

柴田宗義(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【柴田宗義(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)