【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 天正14年(1586年)12月
【別名】 礼農
【主君】 大友義鎮(宗麟)
【氏族】 柴田氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

大友氏の家臣。

熱心なキリスト教徒で、イエズス会の間では柴田リイノ、槍の名手であったことから「豊後のヘラクレス」の異名でそれぞれ呼ばれた。

柴田氏は、本姓は橘氏で、一族で大友氏に仕えた豊後国大野郡の国人・野津院衆(大分県臼杵市野津町)であった。

柴田氏が初めて登場するのは、天正6年(1578年)の日向国侵攻の際に戦死した「柴田何右衛門尉」なる人物で、礼能もその一族であると推察される。

[sengoku-2]

天正8年(1580年)、田原親貫の乱における鎮圧戦である安岐城攻略や、後に田原氏を継いだ大友宗麟の次男・親家の補佐として、田原氏旧臣を味方に引き入れる交渉などで活躍した。

暫くは親家の補佐を務めたと思われるが、天正10年(1582年)、府内の万寿寺 (大分市)の寺社領を宗麟の嫡男・義統が没収すると、その旧領に武家屋敷を与えられ、大友家の諸公事のほぼ全てを任され、府内奉行ともいえるべき重職を任されている。

[sengoku-3]

その後も、秋月氏などとの戦いで数々の武功を上げ、天正12年(1584年)11月には杏葉紋(大友氏が使用した家紋)の使用を許され、大友氏の一族に准ぜられている。

天正14年(1586年)3月、島津氏による豊後侵攻が起こると(豊薩合戦)、子統勝は豊臣秀吉に救援要請のため大坂へ上る宗麟に同伴した。

この際、宗麟が「天徳寺」と号したが、統勝にも「天徳寺」の姓を与えたので、以後、礼能も「天徳寺」と称するよう義統から命があったとされる。

後に、島津軍が臼杵の丹生島城を包囲した際は宗麟と共に籠城し、島津勢を一度は撃退したものの、兄紹安が島津氏に寝返り先導役となっていたため、宗麟が家臣を通じて礼能父子の真意を質したところ、疑われた事を恥じた礼能は、子と共に島津軍にいる同族を呼び出そうと城を討って出たが、親子共々伏兵によって討ち取られた。

その死を宗麟は涙を流して大変悔やんだという。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

柴田礼能(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【柴田礼能(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)