【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天文5年(1536年)
【死没】 慶長11年8月11日(1606年9月13日)
【別名】 伊勢宮丸、小太郎(通称)
【官位】 従五位下、安芸守
【主君】 武田信玄→勝頼→徳川家康
【氏族】 諏訪氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期の武将。

信濃諏訪藩の基礎をきずいた。

信濃国諏訪氏の一族。

[sengoku-2]

天文11年(1542年)6月、諏訪氏の当主で、頼忠の従兄にあたる頼重は、甲斐国の武田信玄の諏訪侵攻で自害する。

父・満隣は、高遠頼継・矢島満清らが諏訪大社上社の諏訪大社大祝(おおほうり)の簒奪を画策すると、これに対して頼重の遺児・千代宮丸(虎王丸、又は長岌)を擁立した。

その後、満隣の動向は不明。

満隣の子では頼忠のほか頼豊・頼辰もそれぞれ武田家に仕えている。

諏訪大社の大祝は頼重の弟・頼高が務めるが頼高は天文11年(1542年)に殺害され、『当社神幸記』によれば、同年12月以前には頼忠が諏訪大社上社の大祝となり、12月7日には諏訪明神御渡の注進を行っている。

『当社神幸記』によれば、天文16年(1547年)1月11日時点で「頼忠」を名乗っている。

[sengoku-3]

永禄7年(1564年)7月19日には武田氏の飛騨侵攻に際して信玄から祈祷を依頼されている。

永禄8年(1565年)12月・永禄9年(1566年)には諏訪大社上社や末社の祭礼再興に尽力している。

天正6年(1578年)・天正7年(1579年)には武田勝頼により諏訪大社の造営が実施され、頼忠もこれに携わっている。

天正10年(1582年)、織田信長の甲州征伐で武田氏が滅亡した際に兄が戦死し、同年6月に本能寺の変で信長が死去すると、諏訪家旧臣千野氏らに擁立されて河尻秀隆の郡代・弓削重蔵を駆逐し、信濃高島城(旧城)に入って諏訪氏の家督を継ぎ本領を回復した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

諏訪頼忠(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【諏訪頼忠(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)