【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 不明
【死没】 文禄2年6月28日(1593年7月26日)
【改名】 盛信、万鉄(号)
【別名】 盛宣
【官位】 中務大輔、安芸守
【主君】 六角義賢、義治、織田信孝、豊臣秀吉
【氏族】 関氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国から安土桃山時代にかけての武将。

関一政・関盛吉・関盛忠・関一利・関氏俊の父。

妻は蒲生定秀の娘。

官は中務大輔。

安芸守。

諱は盛宣とも。

伊勢国の有力な国人領主で伊勢亀山城を本拠地としていた。

盛信は日野城主・蒲生定秀の娘を娶り、六角氏に属していた。

[sengoku-2]

織田信長が伊勢に侵攻してくると、神戸氏等一族が次々と降る中で唯一独立を保っていたが、抗しきれず信長に降伏した。

神戸信孝に属したが不和であったため信長の怒りを買い、元亀4年(1573年)春に信長から勘当を申し伝えられ、神戸具盛と同様に蒲生賢秀に身柄を預けられ、近江国日野城に幽閉された。

だが行動が束縛されていた訳ではなく、天正2年(1574年)8月、越前から逃亡して甲賀郡に入ろうとした樋口直房を討ち取り、その功を信長から褒められている(関文書)。

しかしこの功績だけでは許されず、天正10年(1582年)に信孝が四国征伐の総大将として大坂へ出征すると、盛信もようやく許されて亀山城に戻った。

[sengoku-3]

信長死後は信孝を離れ、羽柴秀吉の家臣となる。

天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いの際は居城、亀山城を滝川一益に落とされたが後に奪還し、亀山城主として蒲生氏郷の与力大名となった。

天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いなどにも参戦した。

晩年は万鉄と号し、家督を関一政に譲っていた。

文禄2年(1593年)に奥州白河で死去。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

関盛信(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【関盛信(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)