【時代】 戦国時代後期 – 江戸時代初期
【生誕】 永禄8年(1565年)
【死没】 元和2年(1616年)11月
【改名】 堀秀家(初名)→堀秀種→多賀秀種
【別名】 源助(通称)、鴎庵(号)
【官位】 従五位下、出雲守
【主君】 堀秀政→豊臣秀長→秀吉→堀秀治→忠俊→前田利常
【氏族】 堀氏→多賀氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将。

堀秀重の次男。

永禄8年(1565年)、堀秀重の次男として誕生。

[sengoku-2]

近江国高島郡(現在の滋賀県高島市)の国人・多賀貞能の婿養子となるが、天正10年(1582年)の本能寺の変に際して明智光秀に与したため改易となり、兄・秀政の家臣となり、8,000石を領した。

兄の留守中に長く佐和山城の城代を務めた。

秀政の死後、豊臣秀長、豊臣秀吉に仕え、小牧・長久手の戦い、小田原征伐、文禄・慶長の役などに従軍。

大和神楽岡で2万石を領すが、関ヶ原の戦いで西軍に属し、大津城攻めに加わったため、再び改易された。

[sengoku-3]

甥の堀秀治を頼ったものの、慶長15年(1610年)、忠俊の代に堀氏も改易され、再び浪人となる。

慶長20年(1615年)、大坂の陣が起こると、前田氏に属して戦功を立て、前田利常に6,000石で召し抱えられた。

元和2年(1616年)11月に死去。

子孫は加賀藩人持組として5千石を知行。

数代後の幕末期の当主であった直昌は、茶道宗和流金森家に跡継ぎがいなくなった際に推挙され、隠居してこれを継承し、茶道に専念した。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

多賀秀種(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【多賀秀種(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

             

合戦名で探す(合戦の開始年代)