【時代】 安土桃山時代
【生誕】 永禄10年11月1日(1567年12月11日)
【死没】 天正10年3月11日(1582年4月3日)
【改名】 武王丸(幼名)、信勝
【別名】 太郎(通称)、昭勝
【氏族】 源姓武田氏(河内源氏系甲斐源氏)

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代の人物。

甲斐武田氏の第21代当主。

父は武田勝頼、母は美濃国衆・遠山直廉の娘で織田信長の養女である龍勝院。

戦国大名としての甲斐武田家の最後の当主であると考えられている。

『甲陽軍鑑』に拠れば、信勝は永禄10年(1567年)11月1日、諏訪(武田)勝頼の長男として伊那高遠城に生まれたという。

[sengoku-2]

甲斐武田氏は信玄期に信濃侵攻を行い、父の勝頼は信濃諏訪氏の娘を母とした信玄庶子として生まれ、諏訪庶流の高遠諏訪家を相続して高遠城主となっていた。

武田氏は北信地域を巡り越後の上杉謙信と抗争していたが、永禄4年(1561年)の第四次川中島の戦いを機に北信をめぐる争いは収束し、尾張国の織田信長と友好的関係を築くなど外交方針が転換していた。

永禄8年(1565年)10月には信玄嫡男の武田義信が謀反により廃嫡され(義信事件)、勝頼が武田家世子となる。

『甲陽軍鑑』によれば、信勝生母の龍勝院は奥美濃国衆の苗木遠山氏の出自で、このころ遠山氏は尾張織田氏・甲斐武田氏の両属関係にあって、龍勝院は信長の養女として永禄8年(1565年)に武田家へ嫁ぎ、永禄10年(1567年)に信勝出産の際に死去したという。

元亀2年(1571年)に勝頼と信勝は甲府の躑躅ヶ崎館へ移っている。

元亀4年(1573年)4月12日には信玄が死去し、『甲陽軍鑑』によれば信玄は遺言として自身の死の3年秘匿と信勝成人まで勝頼が陣代(後見)を務めることを命じたという。

[sengoku-3]

勝頼期に武田氏は、天正3年(1575年)の長篠の戦いでの敗退、御館の乱後の甲越同盟の締結・甲相同盟の破綻を機に外交方針の再構築を行っているが、その一環として織田氏との和睦が試みられている(甲江和与)。

天正7年(1579年)11月16日に勝頼は信勝の元服準備を命じており、年内には元服が執り行なわれたと見られるが、これは織田家との縁をもつ信勝を当主とすることで融和を図る意図があったと考えられている。

『信長公記』『甲乱記』によれば、天正10年(1582年)2月、織田信長・徳川家康の甲斐侵攻(甲州征伐)が始まると、織田・徳川勢の攻勢、有力家臣の離反により武田領国は崩壊し、勝頼は3月3日に新府城を放棄して郡内領主の小山田信茂を頼るが、信茂の離反により3月11日には天目山の麓の田野で織田家臣の滝川一益に捕捉され、信勝は勝頼や家臣の跡部勝資・土屋昌恒らと自害したという。

享年16。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

武田信勝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【武田信勝(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)