【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天正7年(1579年)
【別名】 通称:三郎左衛門
【主君】 北畠具教→織田信長
【氏族】 柘植氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。

織田氏の家臣。

通称は三郎左衛門。

柘植氏の出身で、確証は得られていないが、伊賀国の土豪・福地宗隆の子で、滝川雄利の姉の夫、あるいは雄利の実父との説がある。

[sengoku-2]

はじめ伊勢国の戦国大名・北畠具教の実弟である木造具政に仕えた。

織田信長の伊勢攻めに際して、具政に北畠家から寝返るよう説得、滝川雄利らと共に信長に降るが、その際に保重が北畠家に人質に出していた妻子は磔とされた。

永禄12年(1569年)、信長の軍勢7万(実数は5万とも)が北畠領に侵攻すると、共に国司・北畠具房(具教の子)の居城である大河内城を攻めた。

具房が信長の次男・茶筅丸(後の織田信雄)を北畠家の養子に入れることで和睦、これ以降、保重は茶筅丸付きの家老となった。

[sengoku-3]

天正4年(1576年)、三瀬の変では保重は長野左京亮、藤方朝藤の家臣・加留左京らと共に、北畠具教とまだ3歳の徳松丸、1歳の亀松丸らを討ち取るべく三瀬御所に向かいこれらを殺害した(ただし、『勢州軍記』では三瀬御所ではなく、小川久兵衛尉と共に大河内御所である大河内教通の宿泊所を襲ったとある)。

天正7年(1579年)、主君・信雄に従い日置大膳亮らと共に伊賀国に攻め込むが、戦況が不利となり退却する殿軍の最中に伊賀側の植田光次に討たれた(第一次天正伊賀の乱)。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

柘植保重(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【柘植保重(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)