【時代】 戦国時代 – 江戸時代
【生誕】 不明
【死没】 慶長16年(1611年)
【別名】 通称:治兵衛、宗与
【主君】 織田信長→前田利家→前田利長
【氏族】 寺西氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

織田、前田家臣。

通称治兵衛、宗与と号す。

寺西氏は桓武平氏千葉一族という。

秀則は石見守秀之の子として尾張国荒子に生まれた。

[sengoku-2]

織田信長に仕え佐久間信盛の与力とされ、野洲川の戦い、姉川の戦いで功を顕し近江石部城主となる。

天正3年、長篠の戦いで重傷を負った。

その後石山合戦に従軍したが、信盛の失脚に秀則も連座して追放された。

秀則は佐渡国を目指して落ち行く途上、能登国七尾で同郷の前田利家に慰留され、信長横死後に5千俵を給され臣下となった。

[sengoku-3]

その後賤ヶ岳の戦い、末森城の戦いに従軍、加賀松任城代を務め、累功によって5千石を領した。

慶長16年死去。

子孫は加賀藩士として続いた。

弟・清左衛門之政は滝川一益、織田信雄に仕えたのち、天正19年、浅野長政に1500石をもって仕え、子孫は安芸広島藩士となっている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

寺西秀則(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【寺西秀則(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

                 

合戦名で探す(合戦の開始年代)