【時代】 安土桃山時代 – 江戸時代前期
【生誕】 不明
【死没】 寛永7年10月23日(1630年11月27日)
【別名】 通称:与三右衛門、九郎右衛門、対馬
【主君】 毛利輝元→毛利就隆
【氏族】 大江姓毛利氏庶流奈古屋家

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代から江戸時代初期の毛利家家臣。

下松藩家老。

父は奈古屋元堯(毛利元堯)。

兄に奈古屋元賀。

子に奈古屋隆忠。

通称ははじめ与三右衛門、後に九郎右衛門、対馬と名乗る。

[sengoku-2]

毛利元就の家臣である奈古屋元堯の次男として生まれる。

天正8年(1580年)に兄・元賀が戦死したため、奈古屋家の嗣子となったが、その後浪人となり、出雲国に居住した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、毛利輝元が萩へ入った際に毛利家へ帰参し、知行200石を与えられる。

[sengoku-3]

慶長7年(1602年)に輝元の次男・就隆が生まれると元忠の妹・清広院(実名・あつ。吉見氏家臣・後藤勘左衛門の妻)が就隆の乳母を務めたが、元忠も慶長9年(1604年)11月に就隆が萩城に移った際に福間元道や榎本元信と共に御抱守(養育係)を命じられた。

元和3年(1617年)に就隆へ周防都濃郡3万石が与えられた際には元忠や福間が家老として付けられた。

以後、奈古屋家は徳山藩の家老を務めることとなる。

寛永7年(1630年)10月23日、死去。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

奈古屋元忠(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【奈古屋元忠(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)
合戦名で探す(合戦の開始年代)