【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 不明
【別名】 盛明、通称:孫三郎
【官位】 正五位下、弾正少弼、安芸守
【主君】 小笠原長時→武田信玄
【氏族】 仁科氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

信濃国安曇郡森城主。

仁科氏は安曇郡の国人。

[sengoku-2]

仁科盛直の代に文明12年(1480年)の穂高合戦において信濃守護・小笠原長朝に敗北して一時諏訪氏を頼るが、両氏系図によれば盛能は小笠原長時の娘を迎え臣従し、のち長時と共に信濃に侵攻してきた甲斐国の武田晴信に抵抗する。

天文17年(1548年)には上田原の戦いで武田晴信が更級郡葛尾城主・村上義清に敗れたのに乗じて、小笠原長時らと武田領の下諏訪へ侵攻する。

しかし長時が盛能の諏訪支配を認めなかったことから対立し、早々に兵を引き上げた。

このことが同年の塩尻峠の戦いでの小笠原方の大敗に繋がった。

[sengoku-3]

『高白斎記』天文19年(1550年)7月15日条によれば、仁科上野介(盛政か)と共に駒井高白斎と交渉し、小笠原長時が追放されると武田家に出仕した。

なお、同年には盛能の判物状が発給されており、仁科氏独自の領域支配を示す文書となっている。

以来、『高白斎記』や弘治2年(1556年)の仁科神明宮棟札では名前が見られないことから、盛康へと当主交代がされたと考えられている。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

仁科盛能(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【仁科盛能(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)