【時代】 戦国時代-安土桃山時代
【生誕】 天文15年(1546年)
【死没】 天正18年3月29日(1590年5月3日)
【改名】 直末、末安
【別名】 市助(市介)
【官位】 従五位下伊豆守
【主君】 豊臣秀吉
【氏族】 一柳氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。

豊臣氏の家臣。

天文15年(1546年)、美濃国厚見郡西野村(現在の岐阜県岐阜市西野町)の土豪・一柳直高の子として誕生。

元亀元年(1570年)より織田氏の家臣・羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に仕えた。

天正8年(1580年)、父の死により遺領を相続。

各地を転戦して武功を挙げ、秀吉の黄母衣衆となった。

[sengoku-2]

天正12年(1584年)、小牧・長久手の戦いの際に、秀吉が織田信雄配下・不破広綱の竹ヶ鼻城を水攻めによって落城させると(竹ヶ鼻城の水攻め)、直末が城主として入った。

天正13年(1585年)には田中吉政・中村一氏・堀尾吉晴・山内一豊らとともに秀吉の甥・豊臣秀次の宿老に任命され、美濃国大垣城に3万石を領した。

さらに天正17年(1589年)には軽海西城に転封となり、6万石に加増された(『寛政重修諸家譜』によれば、天正13年(1585年)に美濃国で6万石を領し、浮見城に住したとある)。

また、天正13年(1585年)には従五位下伊豆守に叙せられた。

[sengoku-3]

天正18年(1590年)、小田原征伐に参加。

3月29日、伊豆国山中城攻めで間宮康俊の軍の銃弾に当たり戦死した。

享年45。

山中城三の丸跡の宗閑寺に墓が現存している。

『寛政重修諸家譜』によれば駿河国長久保村(現在の駿東郡長泉町)に葬られたという。

直末の死後、妻心誉と子女は義兄弟の黒田孝高(官兵衛・如水)に引き取られた。

その年に生まれた男子は孝高の子・長政の幼名と同じである松寿丸(しょうじゅまる)と名付けられた。

博多の聖福寺に葬られ、墓所が現存している。

なお、直末と共に兵庫県小野市の磐代神社にも後世祀られた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

一柳直末(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【一柳直末(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)