【時代】 戦国時代 – 江戸時代前期
【生誕】 天文16年(1547年)
【死没】 正保2年9月3日(1645年10月22日)
【改名】 平賀小法師(幼名)→平賀元相
【別名】 通称:新四郎、兵庫頭、四郎兵衛、号:茂庵
【官位】 従五位下、木工頭
【主君】 毛利元就→輝元→秀就
【氏族】 藤姓良房流平賀氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代から江戸時代前期にかけての国人領主で戦国武将、長州藩士。

安芸国の戦国大名毛利氏の家臣。

永禄10年(1567年)に父の広相が死去すると家督を継いだ。

[sengoku-2]

毛利氏が最大勢力を築いていた頃には、平賀氏の所領も最大となり1万8,000石ほどを領する規模まで成長していた。

また陪臣の身ではあったが豊臣秀吉に気に入られ、文禄5年(1596年)5月12日に従五位下に叙位され、豊臣姓を下賜された。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで毛利氏が西軍に味方して敗北し、毛利氏が防長2ヶ国に減封となると、平賀氏もそれに随行して移住し、所領も4,000石に削減され大幅な減封となった。

所領が大幅に減ったため、元相はそれに苦悩して翌年の慶長6年(1601年)に家禄を返上して上洛、京都での隠棲生活に入った。

[sengoku-3]

後に元相の嫡男・平賀元忠が300石の毛利氏家臣として復帰した。

なおも京都に住み続けた元相であったが、寛永13年(1636年)に孫の平賀就忠からの要請を受けて萩に戻り、当時としては大変に長寿の99歳で大往生を遂げた。

平賀氏は元相の後も毛利氏の家臣、長州藩士として続いた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

平賀元相(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【平賀元相(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)