【時代】 戦国時代 – 安土桃山時代
【生誕】 永正9年(1512年)もしくは永正16年(1519年)
【死没】 文禄2年8月10日(1593年9月5日)
【別名】 弥五郎、内蔵人(通称)
【官位】 左近允、出羽守
【主君】 毛利元就→輝元
【氏族】 大江姓長井氏流福原氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武将。

毛利氏の家臣。

安芸福原氏11代当主。

毛利氏の宿老であった福原広俊の嫡男。

福原貞俊(9代当主)の孫にあたり、それに肖って貞俊と名乗る。

生年は永正16年(1519年)説もある。

曽祖父・広俊の娘(福原貞俊(9代当主)の姉)が毛利弘元の正室となっており、毛利興元や毛利元就を産んでいる。

[sengoku-2]

父の広俊も元就に家督相続を打診するなど、毛利家中での発言力は大きかった。

貞俊も早くから毛利元就に仕えて各地を転戦し、天文19年(1550年)、それまでの功績や誠実な性格を元就に信頼されて毛利氏における筆頭重臣にまで取り立てられた。

弘治元年(1555年)の厳島の戦いの後に、毛利氏が大内領への侵攻作戦である防長経略でも、長門且山城を囲んで内藤隆世と大内義長を自害に追い込んでいる。

その後も小早川隆景らと共に瀬戸内海を中心に軍事行動を展開し、永禄10年(1567年)からの毛利氏の伊予出兵や、永禄12年(1569年)の大内輝弘の乱でも主力を率いて活動している。

[sengoku-3]

元就の死後は毛利輝元を補佐し、吉川元春、小早川隆景、口羽通良と共に四人衆(御四人)と称された。

主な任務としては、隆景を補佐し共に山陽・瀬戸内方面の政治や軍事を担当した。

天正12年(1584年)、高齢を理由として嫡男の元俊に家督を譲って隠居し、文禄2年(1593年)8月10日に死去。

享年82または75。

子孫は江戸時代の長州藩においても、一門家老として重用されている。

なお福原氏には、戦国期から安土桃山時代にかけて広俊、貞俊、元俊を名乗った当主が複数いる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

福原貞俊(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【福原貞俊(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)