【時代】 戦国時代
【生誕】 不明
【死没】 天正18年5月25日(1590年)
【氏族】 本庄氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

温かい食べ物の人気ランキング♪

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の武蔵国児玉郡本庄(現在の埼玉県本庄市出身)の武将。

本庄城城主。

官途名を隼人正。

本庄実忠の嫡子として生まれた。

[sengoku-2]

天正8年(1580年)に父実忠が没すると家督を継ぎ、本庄城城主となる。

この時、北条氏に服属していた近朝は、家督を継いでから1か月も経たぬうちに東上州に進出して来た武田勝頼の侵攻を受けた。

のち織田信長の家臣である滝川一益が厩橋城に入ると、周辺の諸侯と同様に滝川に服属した。

天正10年(1582年)に信長が本能寺の変で倒れると、勢力を回復したい北条氏が侵攻してきた。

北条氏邦が鉢形城から金窪城へ進軍し、小田原から出馬した北条氏直は本庄に本営を置き、富田、石神に布陣した。

北条氏側諸侯と滝川一益側の諸侯はは金窪原で合戦(神流川の戦い)となった。

本庄氏は滝川軍に属して北条軍と戦うが、滝川軍が破れた結果、再度北条方に降る事となった。

[sengoku-3]

天正18年(1590年)、豊臣秀吉による小田原征伐が始まると、本庄城には前田利家が攻め寄せた。

関東の北条氏方の諸侯には、軍を動員して小田原城籠城に参加する命が出されており、本庄氏一門も北条氏の居城である小田原城に籠城していた。

豊臣氏の包囲の前に小田原城は開城し、近朝は開城後に自害した。

家督を継いでから10年目の事であった。

手薄であった本庄城も5月(7月)27日には開城した。

こうして、時家から続いてきた武蔵国(児玉党系)本庄氏は終焉を迎えた。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

本庄近朝(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【本庄近朝(最新無料動画はここをクリック)】

武将名で探す(武将名の先頭)

合戦名で探す(合戦の開始年代)