【時代】 安土桃山時代
【生誕】 天正2年(1574年)
【死没】 慶長2年(1597年))
【別名】 通称:与五郎
【主君】 島津氏
【氏族】 入来院氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

安土桃山時代の武将。

薩摩国島津氏の家臣。

通称は与五郎。

父は村尾重侯、母は有川右近の娘。

弟は村尾重昌。

天正2年(1574年)に島津義弘の家臣である村尾重侯の嫡子として誕生する。

[sengoku-2]

文禄元年(1592年)19歳のときに、義弘の嫡子である島津久保の供として朝鮮出兵を果たす。

しかし、翌文禄2年(1593年)に久保が朝鮮唐島にて病死すると、その亡骸と共に一時帰国する。

文禄3年(1594年)、今度は久保の弟である島津忠恒の供として朝鮮に渡海、在陣中の忠孝により1,000石を賜る内意を得ている。

[sengoku-3]

慶長2年(1597年)8月、義弘・忠恒父子が朝鮮の南原城を攻め落とすべく進軍したときのこと、重良ら数人と、同じく南原城を攻めようとしていた蜂須賀家政の手の者7-8人との間で喧嘩(事実上の果し合い)が勃発する。

重良はうち一人を組み伏せ、右手を切られながらも左手でその者を討ち果たした。

その後、負傷により歩行が困難となり、忠恒の命で輿に乗って行軍することが許されたものの、その傷が元で陣中にて死去した。

享年24。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

村尾重良(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【村尾重良(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)