【時代】 戦国時代
【生誕】 永正2年(1505年)
【死没】 天文4年(1535年
【改名】 掃部助、掃部頭
【主君】 大内義興→義隆
【氏族】 清和源氏定国流村上氏

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

[sengoku-1]

概要 (説明はWikipediaより)

戦国時代の人物。

村上隆勝の次男で武吉の父。

兄に義雅、弟に隆重がいる。

[sengoku-2]

義忠について「閥閲録(巻22村上図書)」では、義雅早世後の義益と武吉の家督争いについて触れる中で、武吉を「掃部頭義忠カ子、義忠ハ義雅カ弟也」と記しているが、これ以外の情報は無い。

「閥閲録」より後に編纂された「譜録(村上図書)」においても、武吉を義忠の子としているが、家督争いでは武吉の叔父・隆重(義忠の弟)が幼い武吉の代わりに軍を率いたとしている。

なお義忠の子武吉は、天文2年(1533年)に生まれている。

[sengoku-3]

天文10年(1541年)頃、能島村上氏は大内氏と敵対しており、同年1月に厳島沖で大内水軍と交戦し、6月から7月にかけては逆に能島など芸予諸島の拠点に攻め込まれていた。

そんな中、大内氏に味方する「村上掃部助」という人物が史料にみえる。

天文11年(1542年)4月、杉隆宣、青景隆著、弘中隆兼ら大内氏奉行人は神代兼任に対して、敵方の攻撃を受けている伊予国中島の棚林要害への加勢を指示。

渡海の段取りは、小原隆名と村上掃部助に相談して進めるよう伝えている。

この掃部助を、義忠に比定する説がある。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[sengoku-4]

村上義忠(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【村上義忠(最新無料動画はここをクリック)】

合戦名で探す(合戦の開始年代)