【生誕地】 荊州義陽郡
【生誕】 不明
【死没】 章武2年(222年)
【主君】 劉備

無料の動画を楽しみましょう♪(↓をクリック)

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyCDrKuaF8iycbq8AoHMuLngEmpnFFM7Tq8' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

中国三国時代の蜀漢の武将。

本貫は荊州義陽郡。

章武元年から2年(221年-222年)にかけて行われた夷陵の戦いで別督に任じられる。

蜀軍が陸遜の火計によって大敗を喫すると、劉備を逃すための殿軍となる。

配下の兵は死に絶え、敵将から降伏を呼びかけられた傅彤は「呉の狗め!漢の将軍に降る者がいるか!」と答えてこれを拒み、戦死に至った。

後に子の傅僉も蜀漢の滅亡に殉じた。

さらに後年、西晋の武帝(司馬炎)は傅彤・傅僉父子の忠義を称える詔を下している。

羅貫中の小説『三国志演義』では第81回から、夷陵の戦いに従軍する中軍護尉として登場。

第84回では呉の淳于丹の攻撃を、手ずから槍を取って撃退する。

その後は史実と同じく、敗走する劉備を逃すために殿軍となり、降伏勧告を拒否して戦死。

作中の詩でその忠義は「傅彤不愧漢将軍(傅彤は漢の将軍に恥じず)」と称えられる。

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

傅彤(最新無料動画を楽しみましょう♪)

 

【傅彤(最新無料動画はここをクリック)】